2018年5月7日

  • 半田中央印刷

「石灰石を主原料とした新素材LIMEX(ライメックス)の取り扱いをはじめました。」

半田中央印刷

2050年には世界人口の40%が深刻な水危機に直面し、また100年後には、世界の主要な森林が消失するといわれています。石灰石を主原料として株式会社TBMが開発したLIMEXは、世界の大きなリスクとなっている資源問題の解決に貢献できる大きな可能性を秘めた革命的な新素材です。
LIMEXの紙代替製品は、約6~8割の石灰石と約2~4割の樹脂から製造できるため、普通紙の生産に必要な木材パルプを一切使わない上、水の使用量を98%減らすことができます。例えば普通紙で作られた名刺と比較し、たった1箱(100枚)で 約10リットルの水を節水可能です。

弊社では、地球資源の枯渇問題への機運醸成に貢献できるよう、LIMEXシートの印刷物を取り扱い開始しました。お客様への利用促進を積極的にすすめてまいります。

LIMEXメーカーサイトへ
株式会社TBM



ページの先頭へ