FSC森林認証制度

プリ・テックグループは、SGSジャパン株式会社より、FSC®森林認証制度のCoC認証を取得しています。

適切に管理されていると認められた森林から伐り出された木材には、FSC®のマークを付けることができます。このマークは、適切な森林管理をサポートしていることを確実に保証する「安心のマーク」です。

FSC森林認証マーク
登録会社
  • プリ・テック株式会社(全拠点):認証番号SGSHK-COC-004580

森林保護方針

スローガン

私たちは、適切に管理された森林から作られる用紙を積極的に利用することで
森林保護・育成に貢献します。

  1. 私たちは、適切に管理され森林経営がなされている森林から調達された木材原料、すなわち森林認証紙の利用を積極的に行う。
  2. FSC®森林認証の基準に基づき生産、流通、印刷・加工された製品にはFSC®ロゴマークを付け、木材原料や製品の出所を明らかにする。
  3. 顧客に森林認証紙をピーアールすることで「森のリサイクル」の認知度を高める。

FSC®森林認証とは

FSC®[Forest Stewardship Council:森林管理協議会]森林認証は、世界中全ての森林を対象とし、環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理を推進することを目的としています。

このような森林管理がなされているかどうかを信頼できるシステムで評価し、適切な管理がなされている森林を認証します。
また、このような森林から産出された木材・木材製品にFSC®マークを付け、認証を受けた森林から来ていることを保証するものです。このロゴマークの付いた製品を幅広く流通させることにより、世界の森林保全へ向け、森林管理者から、木材・木材製品の消費者に至るさまざまな関係者を一体化しようとする取り組みです。

CoC認証とは

CoC[Chain-of-Custody]認証は、生産・加工・流通過程すべてのつながりを意味します。
木材や木質チップ由来の紙製品等がFSC®のロゴマークを付けるには、その認証製品の出所を証明する必要があります。つまり、その木材やチップが、森林から生産・加工・流通過程を経て最終消費者の手元に届くすべての段階で、確かにFSC認証材料が使われていることが、第三者によって確認されなければなりません。この確認を行う、第三者機関というのがFSC®に認定された審査機関です。

審査を通じて、その認証製品の原材料がFSC認証林から生産されたことが証明された場合、その製品にはFSC®のロゴマークを付けることができます。この証明のための生産・加工・流通過程の認証をCoC認証と呼びます。

ページの先頭へ